女性的機能美を持つスポーツカー 日産フェアレディZ

フェアレディZ34。先代のZ33も良いが、現行のZ34は先代Z33の荒削りな部分が無くなり、全体的にマイルドになった感じを受ける。カジュアルからしばらくフォーマルになったデザインが私においてお気に入りの理由の1つである。

本気で勝負するようなスパルタンでレーシーなスポーツカーを望んでいない者において丁度良いスポーツカーがフェアレディZです。トヨタでいうソアラも同じだが、ビジネスから私生活まで幅広く利用でき、どういうシーンにもマッチするZ34のデザインは他の車に真似できない域まで達していると思われる。

フェアレディZに快適性や静粛性など望んではいけないし、燃費が云々の話はしてはいけない。これには賛否両論あるとはおもうが、但し日産のエンジニアがマーケティング調査でユーザーから4ドアとしてほしい、エンジン音がうるさいから静かにしてほしい、段差をまたぐのが気になるから惜しくも車高をたかくやるなどと言われ、それを鵜呑みにしてありのまま採用すると、とうにそれはフェアレディZではない。また、GT-Rという爆発的な加速力を持つモンスターという車としてしまうと、これもまたフェアレディZではなく陥る。

ですからフェアレディZが好きな者は見て頂き、ちょっとしたツーリングで楽しむくらいで良いとおもうのだ。むしろそこに重きを置くべきであって、一般人が背伸びして、遊びで購入する車の至福だと私は思うのである。フェアレディは貴婦人なのだから、これからもどっか女性的印象を受ける容易い感じのスポーツカーであり続けてほしい。《車査定》あなたの愛車を数十万円高く売却するポイント