現行型ゴルフの乗り心地にあたって

現行型のゴルフは、初代から数えて7代目になります。初代からクラスのベンチマークとしての地位を確立してきたゴルフは、
現在でも欧州Cセグメントクラスのベンチマークとして君臨し続けてある。
そんな、ゴルフですが最近ではボディサイズの拡大等もあり、かなり車格が上がっています。
乗り心地に関しても、なかなか良くなってある。フロントにマクファーソンストラット、リアにマルチリンクを搭載した足回りにて、
低速から高速まで際立つロードホールディング性を示します。昔からドイツ車は、アウトバーンでの高速走行をもろともとめるどっしりとした乗り味が特徴といわれています。
今回のゴルフも、高速走行ときのスタビリティは非常に激しく、ドイツ車らしき乗り味に仕上がってある。
今回のゴルフではアダプティブシャシーコントロールと呼ばれる装備が、オプションないしはグレードによっては標準で装備されてある。
これは、足回りやエンジン、ステアリングの操作フィールをスポーツ、コンフォート、エコの3パターンに手軽に変更できるものです。
また、各項目ごとに個別の値を設定することも可能になってある。
このように、クラスのベンチマークにふさわしい装備を搭載してあり、クラストップレベルの乗り心地を実現しているのが、現行型ゴルフなのです。スポーツカー ランキング

初めて乗った、スターレット

私がついに購入して乗った車はトヨタのスターレットソレイユでした。当時、約100万円で購入し始めてローンを作りあげました。4ドア、4速マニュアル、ハッチバックの1300ccで100PSでした。座席やタイヤは貧弱でしたが、軽量な車体に馬力のあるエンジンが積まれていたため、本当に高速道路では速かっただ。室内は幅広いとは言えませんでしたが、大人4人ならどうにかドライブできました。購入したてのころは、スピードを出したがり、高速でクラウンにあおられたりしました。町中で運転するのにはちょうど良いがたいで、駐車場所にも困りませんでした。また、燃費も程よく当時13Km/L程度は出ていました。廉価グレードだったため、ハンドルといったシートの調整がいまひとつできなくて、長時間運転するというとても疲れたものです。マニュアルだったため、渋滞の国道を2、3時間走り回るという、クラッチを踏む足がしびれたことを覚えています。あんなスターレットですがターボモデルありました。韋駄天ターボと呼ばれ相当速かったようです。それほど高速道路で見掛けると、いつかはスターレットターボにのぼりたいと思ったものです。いまはスターレットは無くなりヴィッツがその車格を埋め合わせしていますが、昔ほどのやんちゃさが無く、少々淋しいだ。やんちゃ少年のための車を作ってほしいものです。コンパクトカー人気ランキング|2016年コンパクトカー比較!

クルマ選びの基準って?

合コンに出かけてきっちり男性に「如何なる車に乗ってます?」って必ずや訊く私。断じて高級車が好きな訳ではなく車を通じて彼らのセンスと私の相性を取り調べます。走り屋さんや、軽四さん、揺るぎない国産車、対して稼いでないのにキビキビの高級車とか、たいてい何だかんだいらっしゃいますが私はまさかこだわりのあるオシャレな外車をサラリと乗りこなす男性が好きです(^^)
私の相棒(愛車)はJEEPラングラー!カクカクのボディとトップを全開にして走れるポイントがたまりません。
燃費は確かにこういうエコカー時代に反する悪さだし、アメ車なので国産車に比べたら案の定故障もご愛嬌かと思います。真っ赤なJEEPは街で乗っていても友人からの目撃情報も届き(時々私じゃ弱いこともありますが)際立つことこの上なしてわすがカワイイやつなので見て見てとして仕舞う図々しさだ。
車の性能や使い勝手も勿論大事かもしれませんが私にとってはファッションの一部、広く出ると我々を豊かにしてくれるこんな持ち物の一つという感覚だ。人生の一時を共に越す愛車は切にのぼりたいという素敵な存在であってほしいというのです。パートナー選びと同じかなあ。
今日も私とともにJEEPは快調に走ります。軽自動車 人気|2016年軽自動車のランキング比較!

5万あれば足りるだろうか

車検のお金を下ろす。5万あれば足りるだろうか。
その足で近くの洗車場に行き、300円で下回りの洗浄。汚れてはいないしオイル漏れもないけれど、ひとまずマナーとしてね。
車検の予約は2ラウンドなので10時半から。初めて帰って水分補給。妙に口が渇く。
10まま車検場へ。
軽自動車協会連合会として用紙購入。30円。一緒に自賠責保険へ加入。26370円。おんなじ窓口で含めるのは便利ね。
それと重量税。5000円。で、検査手数料。1400円。
車検代っていかに?といった聞かれ、1400円というと嘘です、と言われる。否、本当の車検費用はこういう車検手数料だけを指し示すのよ。皆さんが言う車検って、24か月点検や代行代でプラス3万以上を指しているんだよ。
軽は少ないね。諸国に比べればはるかに厳しいが。
自分で書類に記入。記入と言っても10か所ほど。5分で記入。そうすると窓口の人がわざと保険証を持ってきてくれて、「次は6番だ」ってニコヤカに。昔と大違いですな。
重量税を確認してもらい、事前書類は完成。
何とか車検窓口に。
書類一式を窓口に醸し出し、書いてない所なんかにチェック入れてもらえる。そういや走行距離書いてないな。
次いで書類は完了。いよいよここまででめんどくさかったよ。ミニバン

生活と車

私も主人も車が好きで、毎年モーターショーなどにもする。今までに3回乗り換えをしているのですが、1代目は大きめのワゴン車でした。その頃は依然夫婦2人で、都会からは少々外れた場所に住んであり、旅行やアウトドアにも行っていたのでワゴン車としていました。ホイルなどもこだわって選んでいたのですが、引っ越しがきまり、繁華街というところに住むことになったので、惜しくも小回りのきく車に切りかえることになりました。この時はアウディのセダン型を選びました。年齢と共に、アウトドアに行ったりすることも少なくなってきたので、時としてドライブに行ったり、買い物に出かけることが主になったので小さめの車で十分だと思いました。そうして最近、子供が産まれ、今までよりも車に乗る機会も多くなりました。子供をのせたり降ろしたりするのにも、惜しくもゆとりのある車にしたいという話になり、ちらっと1週間ほど前に車を差し換えました。今回はベンツの車でセダン型によって少々大きめだ。自分たちの生活環境を通じて、節目で車を買い替えてきています。どの車も愛着があり、いろんなところに行った思い出があるので、真新しい車を買うとはいえど、手放す時はさみしく感じます。いつもはお店で洗車をしているのですが、譲り渡すときのお掃除の時は自分たちで、流します。感謝の気持ちを込めて送り出します。車 売る

突然の盗難!さっさと買ったセレナ!

約3年前、乗っていた車(トヨタのノア)が盗難にあい、やにわになくなってしまい、突如セレナを購入しました。車は買い物・保育園の送迎等でどうしても必要なので、一気に主人といったユーズドカー店を見廻りました。子供が1人いて、ノアは大きすぎないミニバンでとっても気に入っていたのでなくなってしまった時はとてつもなくショックでしたが、またノアか、ステップワゴンかセレナを購入しよう、と打ち合せそれぞれ試乗しました。ユーズドカー店をめぐっていらっしゃる時期に、保険会社の方から「やっぱりトヨタ車は海外で人気なので盗難にあい易い」と言われ、セレナかステップワゴンに絞りました。ふたつを試乗して、主人とも「どちらかといえばセレナのほうが運転しやすかったよね」という意見が合い、色々なユーズドカー店・日産ディーラーをめぐって案外目新しい、ですが保険金内で購入できるセレナを見つけました。色はパールホワイトでハイウェイスターだ。ただエアロがついているため5ナンバーから3ナンバーに変わってしまい、自動車税も少し高くなることが懸念されましたが、状態や値段も夫婦ともに愛するので購入しました。本当に納車が終わり、のぼり始めてからは「やっぱりミニバン№1だね」というくらい車内も大きく、運転し易く、仕方なくあわてて購入した車ですが今ではめっぽうお気に入りの車になっています。1年前、もう一度双子が産まれ2列目にチャイルドシートが2つ、ついていますが3列目への乗り降りもし易いだ。トランクにも、双子用の著しいベビーカーもすいすい乗せれます。次、車を購入するとしても、またセレナがすばらしいなぁとしている。セダン ランキング

バックモニターはペーパードライバーも自由にする

車の車庫入れが苦手という人は多いと思います。
殊更ペーパードライバーが長い人はそうです。
ペーパードライバーなのに車庫入れが得意、という人にはともかく出会ったことがありません。
かく言う私も、車庫入れが大の苦手なペーパードライバーだ。

車の運転自体は好きなんです。
ちょくちょく、レンタカーを借りて家族でドライブとかもしたいなあ、は常に考えています。
ただし、本当にそのようにレンタカーでドライブをした場合も、毎日実際運転している車内だけ、に関してにはいきません。
名勝やモール、休憩所など、要所要所で必ずパーキングに車を断ち切る必要が出てきてしまう。
しかも、休日などはどこも混んでいるので、周りの迷惑を考えるって、駐車するのに決して時間をかけることはできません。
そういうわけで、車庫入れは、車を乗るたびに私において思い切り大きなプレッシャーとなっていました。

も、それも今は昔のお話。
今は宜しい時代になりました。
バックするのに必要なものは、経験や勘だけではなくなりました。
車庫入れが苦手な私の頼もしい味方、バックモニターがあるからです。

後ろを目では見えない範囲も見渡してくれるだけでなく、車の動きのシュミレーションもモニタ上でできるので、これさえあれば二度と安心です。
おかげで駐車の度に感じていたプレッシャーも消え去り、今では自由な気持ちでドライブを楽しむことができています。
技術の発展は素晴らしい。
私がドライブを遊べるのは、バックモニターさまさまだと、絶えずサンキュー。SUVランキング

女性的機能美を持つスポーツカー 日産フェアレディZ

フェアレディZ34。先代のZ33も良いが、現行のZ34は先代Z33の荒削りな部分が無くなり、全体的にマイルドになった感じを受ける。カジュアルからしばらくフォーマルになったデザインが私においてお気に入りの理由の1つである。

本気で勝負するようなスパルタンでレーシーなスポーツカーを望んでいない者において丁度良いスポーツカーがフェアレディZです。トヨタでいうソアラも同じだが、ビジネスから私生活まで幅広く利用でき、どういうシーンにもマッチするZ34のデザインは他の車に真似できない域まで達していると思われる。

フェアレディZに快適性や静粛性など望んではいけないし、燃費が云々の話はしてはいけない。これには賛否両論あるとはおもうが、但し日産のエンジニアがマーケティング調査でユーザーから4ドアとしてほしい、エンジン音がうるさいから静かにしてほしい、段差をまたぐのが気になるから惜しくも車高をたかくやるなどと言われ、それを鵜呑みにしてありのまま採用すると、とうにそれはフェアレディZではない。また、GT-Rという爆発的な加速力を持つモンスターという車としてしまうと、これもまたフェアレディZではなく陥る。

ですからフェアレディZが好きな者は見て頂き、ちょっとしたツーリングで楽しむくらいで良いとおもうのだ。むしろそこに重きを置くべきであって、一般人が背伸びして、遊びで購入する車の至福だと私は思うのである。フェアレディは貴婦人なのだから、これからもどっか女性的印象を受ける容易い感じのスポーツカーであり続けてほしい。《車査定》あなたの愛車を数十万円高く売却するポイント